米IT企業が相次ぎ非難 トランスジェンダー入隊認めず

2017/7/27 11:32
共有
保存
印刷
その他

 【ニューヨーク=高橋里奈】トランプ米大統領がトランスジェンダー(出生時の性と自身の認識する性が一致しない人)の米軍入隊を認めないと26日に表明したことを受け、米グーグルやフェイスブックなどIT(情報技術)企業のトップが非難の声をあげた。人権団体も反発し、米社会に波紋が広がっている。

 フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は「誰であろうと、誰もが自分の国に貢献できるべきだ」とフェイスブックに投稿した。

 ツイッターにもトランスジェンダーを支持する声があふれた。グーグルのスンダル・ピチャイCEOは「軍隊に服務しているトランスジェンダーの人々に感謝している」と投稿。アップルのティム・クックCEOも「我々は軍役についているすべての人に恩がある。誰かに対する差別は、すべての人を後退させる」と続いた。

 米国最大の人権団体、全米市民自由連合(ACLU)は、トランスジェンダーの入隊拒否は「ひどい行動」と非難。「国家のために前線にいる数千のトランスジェンダーの人たちは、基本的人権を否定する最高司令官より尊敬に値する」との声明を発表した。

 トランプ氏は26日、ツイッターで「軍内部で混乱を引き起こし、膨大な医療費がかかる」として「米軍にトランスジェンダーを受け入れない」と投稿した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 11:34
1:00
信越 2:00
2:00
東海 11:30
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 12:00
11:30
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
12:16
11:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報