JAXA、宇宙ストレス実験の8人選定 応募4400人以上

2016/1/27 11:14
保存
共有
印刷
その他

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日までに、国際宇宙ステーション(ISS)や宇宙船を模した閉鎖施設に2週間滞在する実験に協力する成人男性8人を選んだと発表した。宇宙に長期滞在する飛行士のストレスを客観的に評価する指標を開発するのが狙い。

昨年12月から20~55歳の一般男性を募ったところ、今年1月12日の締め切りまでに4400人以上の応募があった。

2月5日から実験を始め、血液などにどんな変化が起きるか、医学データを集める。ISSでは宇宙飛行士が4~6カ月間にわたって長期滞在しているが、宇宙では詳しい検査が困難なため、地上に模擬的な環境をつくって実験する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]