2019年7月21日(日)

立川断層、地震切迫せず 首都直下起こす可能性

2014/7/28付
保存
共有
印刷
その他

首都直下地震を起こす可能性が指摘される活断層「立川断層」の最新活動時期は、600~700年前の中世以降だったとの調査結果を東京大地震研究所のチームが28日までにまとめた。活動周期は3千~6千年で、次の地震発生は切迫していないとみている。立川断層の断層面を東京都内で初めて確認し分析した。

政府はこれまで地形などから、活動周期は1万~1万5千年程度で過去1万数千年は活動していないとし、今後30年の地震発生確率は「やや高い」としていたが、見直しが迫られる。

佐藤比呂志教授(構造地質学)は「この断層による地震の切迫性は低いが、首都直下には震源となりうるプレート(岩板)が浅い場所にある。地震への備えは必要だ」と話している。

立川断層は、東京都と埼玉県にまたがる。チームは2013年度、東京都瑞穂町の狭山神社付近で、長さ7メートル、深さ3メートルの溝を掘り、断層を確認した。断層の活動時期は、断層によって切断された地層の年代から分かる。地層の年代は、含まれる炭素の分析で特定。その結果、過去3回の活動があり、最も新しいのは中世以降だったと判断した。

立川断層は、首都直下地震の想定震源域の一つである「立川断層帯」の主要部。断層帯全体が動くとマグニチュード(M)7.4程度の地震が起きると想定されている。市街地を通るため、従来掘削調査は進んでいなかった。文部科学省が重点調査の対象とし、地震研が担当した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。