/

原発20キロ圏の海中がれき撤去開始 福島県漁連

福島県漁業協同組合連合会(県漁連)は26日、東京電力福島第1原子力発電所の半径20キロ圏内の海中で、東日本大震災の津波で発生したがれきの撤去を始めた。県漁連は現在、この海域では魚種などを絞った「試験操業」をしていない。がれきを撤去した上で、試験操業の範囲を20キロ圏内にも拡大したい考え。

県漁連などによると、同海域の放射性物質濃度は低下傾向だが、海中のがれきが手つかずの状態で残り、漁再開の支障になっていた。県漁連は、第1原発の半径5~20キロの海中がれきを、来年2月までに撤去する方針。

この日は、地元の漁船計32隻が、鉄製の器具を使って撤去作業を実施。津波で流されたとみられる漁網や流木を、請戸漁港(浪江町)に引き揚げた。がれきは仮置き場に一時保管された後、放射性物質の検査をした上で、問題がなければ産業廃棄物として処分される。

県漁連の野崎哲会長は「試験操業の自粛区域の縮小に向けた第一歩だ。撤去の状況を見ながら、議論を進めていきたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン