子供の誤飲、たばこが2割 15年度厚労省まとめ

2016/12/27 9:29
保存
共有
印刷
その他

2015年度に家庭で起きた子供の誤飲事故の原因は「たばこ」が22.0%で最多だったことが26日、厚生労働省のまとめで分かった。うち約8割は家庭内に喫煙者がいた。厚労省は「たばこや灰皿は子供の手の届かないところに保管して」と呼びかけている。

調査は1979年から実施し、今回で37回目。全国8カ所の病院で扱った誤飲事故286件を集計した。誤飲した製品は2年連続で最多となった…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]