2019年5月22日(水)

小笠原諸島・西之島、10倍に拡大 東京ドームの49倍

2014/12/27付
保存
共有
印刷
その他

活発な噴火が続く小笠原諸島の西之島=海上保安庁提供・共同

活発な噴火が続く小笠原諸島の西之島=海上保安庁提供・共同

海上保安庁は27日までに、活発な噴火が続く小笠原諸島・西之島(東京)の陸地面積が、東京ドームの約49倍に当たる約230ヘクタールに拡大したと明らかにした。面積は噴火前の西之島(約22ヘクタール)の約10倍となり、さらに拡大する勢い。

同庁が25日午前、航空機で上空から観察。溶岩流が北側の浅い海域を埋めて陸地が拡大した。火口の底には赤いマグマが見え、1分間に5~6回、溶岩片を伴う噴煙が上がっていた。

西之島では昨年11月、島の南東約500メートルで海底火山が噴火し、新たな陸地が出現。同12月に元の島と合体し、拡大を続けている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報