2019年2月16日(土)

小惑星に「王貞治」 国際団体が決定

2016/2/27 0:14
保存
共有
印刷
その他

日本の団体が2000年に発見した小惑星に、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長にちなみ「Ohsadaharu」の名前が付いた。国際天文学連合(IAU、本部パリ)が26日、発表した。

小惑星は火星と木星の間にある。明るさから直径約3キロと推定され、太陽の周囲を3年8カ月かけて1周している。

命名を申請していたのは、九州大大学院の山岡均助教(物理学)らのグループ。山岡氏によると昨年7月、王会長に直接会って、申請の了承を得た。王会長は当時「非常に光栄。名前が付くことで天文学に興味を持つ人が増えたらいい」と話していたという。

この惑星は、地球に衝突する恐れがある天体の発見や監視などを行っている日本スペースガード協会が運営する「美星スペースガードセンター」(岡山県井原市)で00年7月8日に見つかった。

協会理事でもある山岡氏によると、仲間と小惑星の名前を考えていた際、福岡にゆかりがあり、ホームラン世界記録を達成した王会長の名が浮かんだ。惑星の番号は61189。巨人の選手時代の背番号「1」と、ホークス監督時代の「89」が含まれており、王会長にふさわしいと判断して申請したという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報