/

高井有一氏が死去 作家、芥川賞「北の河」

戦後の日本人の孤独や喪失感など内面を叙情的な文体で描き、「内向の世代」と呼ばれた作家の高井有一(たかい・ゆういち、本名=田口哲郎=たぐち・てつお)氏が26日午後1時57分、東京都内の病院で死去した。84歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻でジャーナリストの中村輝子さん。

共同通信文化部に在職中の1966年、敗戦の体験と入水自殺した母を描いた「北の河」で芥川賞を受賞。75年に同社を退職、作家活動に専念し、少年期の体験などをモチーフにした小説世界を展開した。

「夢の碑」「この国の空」「高らかな挽歌(ばんか)」「時の潮」などで数多くの文学賞を受賞。「この国の空」は2015年に映画化された。96年に日本芸術院会員。日本文芸家協会理事長や日本近代文学館理事長などを歴任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン