/

この記事は会員限定です

大学入試改革、複数回テスト見送り 文科省検討

[有料会員限定]

大学入試センター試験に代わり、2020年度に導入予定の「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」について、文部科学省は複数回実施を見送る方向で検討を始めた。「一発勝負の弊害を改める」ことが狙いの複数回実施は改革の柱だが、新テストの記述式とマークシート式を異なる時期に行うため、日程上、困難と判断したもようだ。

新テストは現行のセンター試験と同じマークシート式に加えて記述式を別日程で導入する。文科省は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン