立教大と桐蔭横浜大、法科大学院の募集停止

2017/5/26 22:33
保存
共有
印刷
その他

立教大学と桐蔭横浜大学は26日、それぞれ2018年度から法科大学院の学生募集を停止すると発表した。両大学とも司法試験の合格率低迷などで定員割れが続き、今後の学生の確保が難しいと判断した。

今年度の入学者は立教大で19人(定員40人)、桐蔭横浜大は10人(同30人)だった。両大学とも在学中の学生が修了した時点で、廃止の手続きに入る。

法科大学院は04年以降に74校が開校した。文部科学省によると、募集停止(廃止を含む)は両大学を含め34校目。今年度の法科大学院の受験者数は7450人と過去最低だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]