/

ワープロ検定で問題漏洩 文星芸大名誉教授、学生に

文星芸大(宇都宮市)で情報処理の講義を受け持っていた70代の男性名誉教授が7月、日本情報処理検定協会主催の「日本語ワープロ検定」の試験問題を受験予定の学生10人に漏らしていたことが26日、大学などへの取材で分かった。名誉教授は大学側の調査に「学生を全員合格させたかった」と説明したという。8月に依願退職した。

大学や協会によると、名誉教授は7月31日実施予定だった試験の問題と模範解答のコピーを封筒に入れ、同27日、受験予定の学生に配った。「本番の問題と模範解答です」「この件は絶対に他人にしゃべらないこと」と書いた用紙1枚も同封した。

その日のうちに大学関係者から協会に連絡があり漏洩が発覚。大学は問題を回収し試験を中止した。

検定試験は団体での申し込みがあった大学などを会場に年4回実施。問題は検定日の10日前を目安に各会場に送付される。文星芸大では名誉教授が保管していた。

問題の漏洩は1985年の協会設立以来、初めて。「漏洩は遺憾。再発防止のため試験の運営体制を見直す」とコメントしている。大学側は「二度と起きないよう対応していく」と謝罪した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン