2018年10月17日(水)

博多陥没現場、再び沈下 砂層補強を検討

2016/11/26 22:36
保存
共有
印刷
その他

今月8日に大規模な陥没事故が起きた福岡市のJR博多駅前の道路が最大7センチ沈下したことを受け、市交通局などは26日、陥没部分を埋め戻した土砂の重みで下部の砂層が圧縮されたのが原因とみて、沈下の進行を防ぐため砂層を補強する工事を検討していると明らかにした。

大規模な陥没事故のあった場所で沈下が発生し、路面の様子を調査する作業員(26日未明、福岡市博多区)

陥没事故の原因になった地下鉄工事を請け負う大成建設などの共同企業体(JV)は26日、24時間態勢で現場の監視を強化する方針を示した。必要に応じて地盤の補強工事なども検討する。

8日発生の陥没事故では、道路に長さ約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートルの穴が開き、上下水道やガス管などが破断。市が陥没部分の埋め戻しやライフラインの復旧を急ぎ、発生1週間後の15日に通行が再開した。

市によると、沈下は26日午前0時半ごろ、約1.5センチを計測し、午前2時40分までの間に拡大。深さは最大7センチ程度で、車道の中央部の沈下が最も大きかった。

26日午前3時以降、沈下は止まって路面は安定しており、沈下幅も大成建設が算出した予測値の8センチの範囲内に収まっている。ただ、陥没部分を埋め戻したセメント入り処理土の重みで砂層が圧縮されており、今後も「(予測範囲内で)多少沈む可能性はある」(大成建設)としている。

陥没事故の原因究明や再発防止を巡っては29日に国の機関が設置する第三者委員会の初会合が開かれる。JVはこうした場での議論も踏まえ、補強工事を検討するなど路面の状況に応じて必要な対策をとるという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報