宮城の漁港、2.2メートルの高さまで浸水 福島沖地震で

2016/11/26 19:34
保存
共有
印刷
その他

22日に発生した福島県沖のマグニチュード(M)7.4の地震による津波が宮城県東松島市の漁港に押し寄せ、地面から2.2メートルの高さまで浸水していたことが26日、東北大災害科学国際研究所の現地調査で分かった。気象庁が観測した最も高い津波の高さ(平常潮位との差)は、仙台港の1.4メートルだった。

調査した東北大のサッパシー・アナワット准教授(津波工学)によると海面から地面までの高さを考慮に入れると、この漁港では津波の高さは3メートルまで達していた可能性がある。「地形などから、津波が高くなることがある。地震が起きたら、予断を持たず安全な場所に逃げてほしい」と話している。

サッパシー氏のグループが26日、東松島市の海岸で津波の痕跡を調査した結果、津波は岸壁を越えて陸側まで到達。大浜漁港が最も高く、2.2メートルだった。

気象庁は地震発生直後、福島県に津波警報、宮城県や岩手県などに注意報を発令。しかし、発生から約2時間後、仙台港で予想を上回る1.4メートルの津波が観測されたため、宮城県の注意報を警報に引き上げた。宮城県多賀城市の川では、津波が少なくとも約3キロ逆流する様子が確認された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]