/

公明都議が小池知事批判 都民のために「強く希望」

東京都議会定例会で、各会派が小池百合子知事に質問する「代表質問」が26日午後、行われた。小池氏が25日に記者会見を開き、新党代表への就任を発表したばかり。各会派とも「二足のわらじ」を履く小池氏に対する疑念を投げかけた。

都議会定例会に臨む小池都知事(26日午後)

「都政を踏み台にして、他の狙いがあるかのような報道がなされているのは非常に残念」。都議会公明党の谷村孝彦幹事長代行は質問の冒頭で、知事が新党の代表に就任したことを厳しく批判した。

谷村氏は「都民のためにしっかり汗を流していくことを強く『希望』する」と、党名を引き合いに国政進出をけん制。議場からは「その通りだ」などのヤジが飛ぶ場面もあった。

自民党の秋田一郎幹事長も「東京への愛情が感じられない。知事の思いがこの瞬間も別のところにあるのではないかという懸念がぬぐい去れない」と疑問を呈した。

ただ、いずれも「質問」という形は取らず、知事への回答は求めなかった。小池氏はうつむいて資料を見つめるのみで、発言はしなかった。

小池氏が特別顧問を務める「都民ファーストの会」の増子博樹幹事長は「総選挙が行われることになった。国政での改革が進むことを期待し、都民フは都政改革に取り組む」と述べ、新党には言及しなかった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン