/

この記事は会員限定です

国立大の学長裁量経費、一律5%に 16年度予算から文科省

[有料会員限定]

文部科学省は2016年度予算から、国立大学法人の収入の柱である運営費交付金のうち一般経費の約5%を学長の判断で使える学長裁量経費とする。学長のリーダーシップやマネジメント力の強化が狙いだ。

現在、国立大は役員会で学長の裁量経費を決めている。同交付金に占める割合は大学によって異なり、十分な規模を確保できないケースもあるとされる。

このため同省は学長が大学の将来を見据えて独創的な教育や研究を進められる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン