三菱自、1990年代から燃費不適正検査か 数十車種で

2016/4/26 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱自動車が軽自動車の燃費データを改ざんした問題で、同社が1990年代から国が定める方法とは異なる方法で燃費計算をしていたことが26日、関係者への取材で分かった。不適正な検査が行われたのは数十車種に上るとみられる。

三菱自動車は同日午後、問題発覚を受けて実施した調査内容を国土交通省に報告し、記者会見して説明する。

同社は軽自動車4車種計約62万5千台で、燃費性能試験に使用されるデータを意図的に改…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]