/

この記事は会員限定です

豊島産廃、28日撤去完了 香川、発覚から40年

[有料会員限定]

瀬戸内海の豊島(香川県土庄町)に不法投棄された産業廃棄物の撤去作業が28日完了する。発覚から約40年。対象量は91万トンに膨れ上がり、香川県と住民との公害調停の期限が月末に迫る中「産廃公害の原点」は大きな節目を迎える。ただ白砂が美しく貝の宝庫だった海岸付近は穴だらけになり、地下水の汚染監視や撤去後の利用策など課題は残る。

県の許可を受けた地元業者が島外から車の破砕くずや廃油を持ち込み始めたのは19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン