/

セクハラ処分は妥当 大阪・海遊館職員の上告審で最高裁判決

大阪市の水族館「海遊館」の男性管理職による部下の女性派遣社員へのセクハラ発言を巡り、出勤停止の懲戒処分が重すぎるかどうかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は26日、処分は妥当だったとする判決を言い渡した。「突然の処分は重すぎて酷だ」として無効とした二審・大阪高裁判決を取り消した。

一、二審判決によると、海遊館の課長代理だった40代の男性2人が20~30代の派遣社員の女性2人に対し、浮気相手との性生活を話題にしたほか「俺の性欲は年々増すねん」「今日の(女性客の)お母さんよかったわ」などと発言。2012年2月、それぞれ出勤停止30日間と10日間の懲戒処分を受け、降格された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン