/

この記事は会員限定です

犠牲19人、戦後最悪 相模原の障害者施設殺傷

[有料会員限定]

19人が亡くなった相模原市の障害者施設での殺傷事件。平成以降の殺人事件では死者数は最多で、戦後としても最悪とみられる。

多くの犠牲者が出た殺人事件としては、1995年にオウム真理教による地下鉄サリン事件が発生。信者らが営団地下鉄(現東京メトロ)の車両内に猛毒の神経ガスのサリンを散布し、乗客や駅職員ら13人が犠牲となった。

戦後間もない48年には、帝国銀行椎名町支店(東京・豊島)で、行員ら12人に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません