/

この記事は会員限定です

築地、石綿4.7万平方メートル残存 地震で飛散の恐れ

[有料会員限定]

東京都の築地市場(中央区)の建物のうち、発がん性物質のアスベスト(石綿)が使われている部分の延べ床面積が約4万7000平方メートルに上ることが26日、分かった。都は除去を進めてきたが、都有施設の総面積の約16%で取り除けていない。

小池百合子知事は築地市場について、現市場の大規模改修か豊洲市場(江東区)への移転か、二者択一の意向を示している。築地にとどまる場合、アスベスト対策が重荷になる可能性があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り396文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン