2019年8月26日(月)

築地、石綿4.7万平方メートル残存 地震で飛散の恐れ

2017/3/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都の築地市場(中央区)の建物のうち、発がん性物質のアスベスト(石綿)が使われている部分の延べ床面積が約4万7000平方メートルに上ることが26日、分かった。都は除去を進めてきたが、都有施設の総面積の約16%で取り除けていない。

小池百合子知事は築地市場について、現市場の大規模改修か豊洲市場(江東区)への移転か、二者択一の意向を示している。築地にとどまる場合、アスベスト対策が重荷になる可能性が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。