/

福岡で最大7万8000世帯が断水 水道管凍結、宮崎でも

強い寒気の影響で九州では25日夜から26日にかけ、水道管の凍結や破損に伴う断水が各地で相次いだ。福岡県内では一時、大牟田市など7市町で最大約7万8千世帯が断水。全域で断水した大牟田市と桂川町は26日朝、県を通じて自衛隊に給水支援のための災害派遣を要請した。

寒波の影響で水道管が破損して断水し、自衛隊の給水車に列をつくる人たち(26日午前、福岡県大牟田市)=共同

宮崎県も26日、同県えびの市で水道管破損による断水が相次ぎ、自衛隊に災害派遣を要請したと明らかにした。

約5万5千世帯が断水した大牟田市では水道管破損による漏水が起き、担当課に住民らから「家の水を止めてくれ」といった連絡が殺到した。約800カ所で応急処置したが、配水池の貯水量が減り続け、25日午後10時から市内の一部で、さらに26日午前0時に全域に広げて緊急断水を実施した。

26日朝には市内7カ所の小学校や公民館に自衛隊や久留米市の給水車が到着し、給水を始めた。

福岡県では大牟田市と桂川町のほか北九州市、みやま市、糸島市、香春町、上毛町のそれぞれ一部が一時断水。佐賀県唐津市や伊万里市、鹿児島県垂水市や伊佐市の一部でも断水した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン