/

文科相、違法献金疑惑を否定 「講演料や車代もらわず」

下村博文文部科学相は26日の衆院予算委員会で、同日発売の週刊文春の報道を基に民主党の柚木道義氏から、下村氏を支援する「博友会」と称する全国各地の団体から違法に献金を受け取っていたのではないかと指摘を受けた。

下村氏は各地の博友会は「任意団体だ」としたうえで「財政面を含め、運営に関する事柄は一切知らない」と反論。これらの団体の招きで年1回程度講演に赴いていたが「講演料や車代は一切頂いていない」とした。

同時に「事実関係の把握が十分でないまま、違法献金などと一方的に誹謗(ひぼう)中傷する記事が出ていることは誠に遺憾で、強い憤りを覚える」と語った。

一方、下村氏は脱税などで有罪判決を受けた名古屋市の元学習塾経営者から献金を受けていたことを明らかにした。1月に返金をしたとしている。元経営者は暴力団との関係も指摘されており、下村氏は「塾長仲間として存じ上げていた。反社会的勢力との関係があるとの報道を今年になってから知った」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン