旧村上ファンド関係者も関与 株価操作疑い、元代表指示か

2015/11/26 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で強制調査を受けた旧村上ファンドの村上世彰元代表(56)が行った株取引に、同ファンドの元メンバーらが関与していた疑いのあることが26日、分かった。証券取引等監視委員会は、村上元代表が旧知の関係者や親族らと連携しながら株取引の指示を出していたとみて、刑事告発も視野に調査を進めている。

関係者によると、株価操作の疑いがあるのはアパレル大手、TSIホールディングス株。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]