/

赤瀬川原平氏が死去 前衛芸術家・作家

前衛芸術家で芥川賞作家の赤瀬川原平(あかせがわ・げんぺい、本名=克彦=かつひこ)氏が26日午前6時33分、敗血症のため東京都内の病院で死去した。77歳だった。告別式は近親者のみで行う。喪主は妻、尚子さん。

武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)を中退し、1960年代から前衛芸術家として活動した。千円札を印刷した作品で通貨及証券模造取締法違反の罪に問われ、有罪判決が確定。「芸術裁判」として注目された。

尾辻克彦の名で小説も発表し、短編「父が消えた」で81年に芥川賞を受賞。98年に出版した「老人力」はベストセラーになった。道ばたの建物や看板などを鑑賞する「路上観察学会」の活動でも知られた。作家の赤瀬川隼さんは兄。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン