2019年4月24日(水)

日本海の大地震、津波最大23メートル 政府が初想定
原発は電力会社の想定下回る

2014/8/26付
保存
共有
印刷
その他

日本海側の原子力発電所付近の最大津波高
最大津
波高(m)
泊原発
(北海道)
5.8
大間原発
(青森)
1.7
柏崎刈羽原発
(新潟)
3.4
志賀原発
(石川)
3.8
敦賀原発
(福井)
2.6
美浜原発
(同)
1.4
大飯原発
(同)
2.8
高浜原発
(同)
3.3
島根原発
(島根)
3.1
玄海原発
(佐賀)
1
高速増殖炉
もんじゅ(福井)
2.7

政府の有識者検討会は26日、日本海を震源とする大規模地震について初の調査報告書を公表した。北海道から九州北部の沖合などにある60断層を分析し、起こりうる地震の最大規模はマグニチュード(M)7.9と推計。16道府県の沿岸を襲う恐れのある津波の高さは崖地で最大23.4メートル(北海道せたな町)、人家のある平地部でも最大12.4メートル(同奥尻町)に達するとした。

日本海の大地震、津波最大23メートルに。政府が初の想定

日本海の大地震、津波最大23メートルに。政府が初の想定

政府は首都直下地震や南海トラフ地震の津波規模や被害想定をまとめているが、日本海側の大地震の想定を出すのは初めて。各道府県が策定する浸水想定や警戒区域指定の基準となり、市町村も避難計画作りを急ぐ。

60断層の地震規模はM6.8~7.9で、M7.9は北海道北部の断層と、青森・秋田県の沖合の断層だった。

津波高は崖地では北海道の一部で20メートル超、青森県深浦町で17.4メートル、石川県珠洲市で15.8メートルなど。人家のある平地部は北海道から福井県にかけては最大5~12メートル、京都から九州北部は同3~4メートルで、北海道や東北が高い傾向だった。

日本海側にある11カ所の原子力発電所(建設中の大間原発を含む)付近の津波高は、北海道電力の泊原発付近が最大5.8メートル、東京電力の柏崎刈羽原発(新潟県)が同3.4メートルなどだった。各電力会社の津波想定をいずれも下回った。

過去に日本海で起きた大地震には、秋田県などで死者104人を出した1983年の日本海中部地震(M7.7)、奥尻島を中心に死者・行方不明者230人を出した93年の北海道南西沖地震(M7.7)などがある。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報