裁判官2人は「選挙無効」 1票の格差最高裁判決

2015/11/26 1:33
保存
共有
印刷
その他

昨年12月の衆院選の「1票の格差」をめぐり、「違憲状態」と判断した25日の最高裁大法廷判決で、3人の裁判官が「違憲」の反対意見を付けた。うち2人は選挙を「無効」にすべきだと踏み込んだ。「違憲・無効」の個別意見は衆院選では1993年の判決以来。一方で、別の2人は「合憲」とした。

「無効」意見はいずれも弁護士出身の大橋正春判事と木内道祥判事。大橋判事は国会で改革が進まない理由を「現職議員間の利害対立…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]