/

病気の緊急度、アプリで判定 消防庁が無料提供

総務省消防庁は25日、けがや病気の症状で救急車を呼ぶ必要があるかどうかの緊急度を判定するスマートフォン用アプリ「Q助(きゅーすけ)」の無料提供を始めた。パソコンなどで利用するウェブ版も同庁のホームページで公開した。

画面上で病状や痛みのある部位などを選ぶと、「いますぐ救急車を呼びましょう」「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」など緊急度に応じた4段階のメッセージが表示される。自身で病院を受診する場合に地元の医療機関を検索できるよう厚生労働省のサイト情報も掲載した。

消防庁は出動件数が増え続ける救急車の適正利用につなげたい考え。担当者は「救急車を呼ぶか判断を迷ったときに使ってほしい」と呼び掛けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン