子供の面会調停、10年で3倍 離婚件数は減少

2015/1/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省の人口動態統計によると、2013年の離婚件数は全国で23万1383件で、結婚件数の減少とともに減っている。一方、司法統計によると、子供の「面会交流」を申し立てる調停の新規受理件数は12年度は9945件で、10年間で約3倍に増えた。

離婚後の争いを避けるため、12年施行の改正民法では、子供のいる夫婦が離婚する場合、養育費…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]