/

三菱電機元社員に労災認定 入社1年目、長時間労働で適応障害

三菱電機の社員だった男性(31)が長時間労働によって精神疾患の「適応障害」を発症したとして、藤沢労働基準監督署(神奈川県藤沢市)が労災認定していたことが25日、分かった。代理人弁護士らが都内で記者会見し明らかにした。認定は24日付。会見に同席した男性は「残業時間の過少申告を上司から強要されていた」と主張した。

弁護士らによると、男性は国立大大学院の博士課程を修了し、2013年4月に三菱電機に入社。同社の情報技術総合研究所(同県鎌倉市)でAV(音響・映像)機器の部品開発などをしていた。入社1年目の14年1月以降、業務量が大幅に増え、残業が月100時間を超えた。労基署は男性が同年4月上旬ごろ、適応障害を発症したと認定した。

記者会見で男性は、「残業時間が月40時間を超えないように」などとする上司の指示で毎月、残業を少なく申告していたと説明。実際の残業が160時間だった14年2月は59時間と申告したという。上司のパワハラも受けたとしている。

男性は療養のため14年6月から休み、休職期間を過ぎたとして今年6月に解雇された。

三菱電機広報部は「過少申告はなかったと認識している。労基署の判断を確認のうえ対応を検討したい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン