/

ドラム式洗濯機で男児死亡、蓋開かず窒息か 東京・青梅

東京都青梅市の男児(7)が今月、ドラム式洗濯乾燥機に閉じ込められて死亡していたことが26日までに、警視庁などへの取材で分かった。男児は誤って中に入り、出られなくなったとみられる。

ドラム式洗濯乾燥機はふたを閉めると内側からは開けられない構造の機種がある。男児は閉じ込められて呼吸ができなくなった可能性があり、警視庁が当時の状況を調べている。

警視庁などによると、8日未明、青梅市の女性から「息子が洗濯機の中に入っていた」と通報があった。救急隊が到着時、男児は心肺停止の状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。

山口俊一消費者行政担当相は26日、閣議後の記者会見で「子供のいる家庭では、チャイルドロックなどを活用して事故を防止してほしい」と注意を呼び掛けた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン