14年衆院選、1票の格差は「違憲状態」 最高裁大法廷

2015/11/25 20:15
保存
共有
印刷
その他

「1票の格差」が最大2.13倍だった2014年12月の衆院選は違憲だとして、弁護士らが選挙無効を求めた計17件の訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、「違憲状態だった」との判断を示した。選挙無効の請求は退けた。

最高裁が衆院選を違憲状態としたのは、09年選挙と12年選挙に続いて、3回連続。今回は定数を「0増5減」した選挙区割り変更など、国会の取り組みを評価する一方、格…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]