元オウム幹部設立「ひかりの輪」の観察処分更新取り消し
東京地裁

2017/9/25 15:36
共有
保存
印刷
その他

 オウム真理教から改称した「アレフ」と分派した「ひかりの輪」が、団体規制法に基づく観察処分を更新した2015年の公安審査委員会の処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(林俊之裁判長)は25日、ひかりの輪に対する観察処分の更新を取り消した。アレフ側の処分取り消し請求は退けた。

 ひかりの輪は、教団元幹部の上祐史浩氏が07年に分派し、設立した。

 観察処分は、両団体についてオウム真理教を継ぐ1つの「団体」として更新されたが、判決は「両団体は対立関係にあると評価でき、1つの団体と認めることはできない」と判断。分派したひかりの輪に対する観察処分の更新は違法とした。

 団体規制法に基づく観察処分は、対象となる団体に収益事業の概要報告などを義務付ける。公安調査庁は両団体の施設に立ち入り検査し、動向を監視している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 9:59
2:00
東京 15:30
11:34
信越 2:00
2:00
東海 17:55
11:30
北陸 2:00
2:00
関西 17:00
12:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
17:16
15:12

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報