/

5~7月の気温は高め 気象庁「熱中症に注意」

気象庁は25日、5~7月の3カ月予報を発表した。全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並みか高くなるとみている。西日本の太平洋側では、降水量が平年並みか多くなるという。同庁は「熱中症は早い時期から注意が必要。大雨による災害にも十分注意してほしい」と呼びかけている。

気象庁によると、太平洋高気圧は西への張り出しが強く、北には弱い見通し。西日本を中心に南からの湿った空気が流れ込みやすくなり、降水量が平年並みか多くなるとみられる。沖縄・奄美では5月、東日本の太平洋側と西日本では6月前半から曇りや雨の日が増える。北日本と東日本の日本海側は6月後半から雨の日が多くなる見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン