/

難民不認定で異議 最多の3120人 15年、審査未処理1.3万人

法務省は2015年の難民認定者数などの確定値を公表した。不認定処分に異議を申し立てた人は前年比587人増の3120人で過去最多。申請自体が増えたためとみられ、認定の可否の結果を待っている人は全体で1万3831人(15年末時点)に上った。

難民申請者は5年連続増加の7586人で過去最多。認定された人は14年より16人増えて27人だった。

法務省によると、現地政府が非合法としている政治組織で活動し、身柄を拘束された経歴から、帰国すると迫害を受ける恐れがある人らを難民として認定した。一方、自分と異なる宗派から脅迫され、帰国すると殺害される恐れがあるとして申請した人が「政府が宗派対立の収束を図り、放置している状況ではない」との理由で不認定としたケースもあった。

10年の制度改正で難民申請から6カ月経過すれば一律に仕事に就くことができるようになった。法務省によると、改正以降、明らかに難民の要件を満たさない人の申請も相次いでいるという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン