原子力委、7年ぶりに白書発表へ 福島原発事故後初

2016/7/25 20:46
保存
共有
印刷
その他

国の原子力委員会(岡芳明委員長)が、東京電力福島第1原発事故後、発表を見合わせていた「原子力白書」を来春まとめる。2011年3月に発表予定だった10年版が事故のため中止され、09年版以降、7年ぶりの改定になる。事故を踏まえた規制の強化など、原子力利用を取り巻く環境変化を整理する。

17年3月発表をめどに事務局の内閣府が準備中の16年版白書は中立の立場を意識し、事故の反省や平和利用の課題をまとめた年次報告や記録の位置付けとなる見通し。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]