企業の働き方改革 契機に 電通、違法残業疑い書類送検

2017/4/26 1:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電通の違法な長時間労働を巡り、同社の3支社の幹部らが25日、書類送検され、厚生労働省の捜査が終結した。女性新入社員の過労自殺が発覚して約半年。事件は多くの企業が長時間労働の見直しに乗り出すきっかけになったが、職場環境を変えるのは容易ではない。電通社員からは改革の方向性を評価する声がある一方、「働き方の変化に割り切れない思いの人もいる」との声が漏れた。

電通本社の営業部門で働く30代の男性社員は2…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]