/

獣医学部の新設、8月下旬にも結論 文科省の審議会

閉会中審査の焦点となった加計学園の獣医学部新設計画は、文部科学省の大学設置・学校法人審議会が認可を審査している。設置審は大学関係者や専門家らで構成され、日程や内容は明らかにされない。結論は8月下旬にも公表される見通し。

大学の新設は設置2年前の10月まで、学部・学科などは前年の3月まで申請を受け付け、文科相が設置審に諮問する。審査のポイントは十分な質・量の教員を確保できるか、施設や教育課程が適切かなど。書類審査のほか、必要に応じて実地審査や面接を行う。

2018年度開設予定の審査は、加計学園が運営する岡山理科大も含めて68校が対象。岡山理科大の審査経過は明らかになっていないが、関係者によると、加計学園は設置審の指摘を受け、入学定員を減らして教員数を増やすなど当初計画を一部変更した。

文科省によると、大学・学部などの新設申請は過去3年で計188件あり、177件が認可された。通常は8月中に結論が出るが、設置審が9月以降に先送りするケースもある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン