/

小池氏、新党「希望の党」設立 自ら代表に

衆院選に全国で候補擁立

(更新)

東京都の小池百合子知事は25日記者会見し、「希望の党」を立ち上げ、代表に就くことを明らかにした。小池氏は「新しい党としてトップ宣言をさせていただく」と述べた。都知事を続ける考えも示した。

記者会見で小池氏は「本当の意味での改革勢力が必要だ。国会における勢力を是非とも確保できないかということで、そのような仲間を新たに募っていきたい」と述べた。

小池氏は会見で「これまで様々な接点のあった全くの新人の方々、改革の志をもって議会経験のある方々に、全国各地で出馬をしていただくという形になるかと思っている。オールジャパンで取り組みたい」と述べ、衆院選では全国で候補を擁立する考えを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン