2018年8月16日(木)

がん細胞で増殖、死滅させるウイルスを臨床試験 鹿児島大

2015/5/26付
保存
共有
印刷
その他

 鹿児島大は25日、がん細胞の中だけで増殖してがんを死滅させるウイルスを、実際に患者に投与して安全性と効果を確かめる臨床試験(医師主導治験)を本年度から始めると発表した。

 対象は、骨や筋肉にできる腫瘍のうち、悪性で薬や放射線による治療の効果が認められない患者。3年間で9~18例に投与して安全性と効果を確かめ、さらに大規模な治験を経て2020年度の実用化を目指す。

 投与するウイルスは鹿児島大の小戝健一郎教授(遺伝子治療学)を中心に作製。がん細胞で特に活発に働く「サバイビン」という遺伝子を利用して増殖するよう、ウイルスの遺伝子を改変した。

 サバイビン遺伝子はほとんどのがん細胞で活発に働いているが、正常な細胞ではほとんど働かないことが分かっている。これまでの細胞や動物の実験で、ウイルスががん細胞の中で増殖して細胞を破壊する効果が高い一方、正常な細胞では増殖しないことを確かめているという。

 治験は鹿児島大病院で小宮節郎教授(整形外科学)が中心となって実施する。ことし11月には病院内の倫理審査を終え、国の承認を得た後、投与を始める予定。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報