倒木が車直撃、32歳男性死亡 熊本市の県道

2017/6/26 1:29
保存
共有
印刷
その他

25日午後7時半ごろ、熊本市東区下南部3の県道145号で、倒木が乗用車を直撃した。運転していた同区渡鹿8、介護士、小島由裕さん(32)が心肺停止状態で救助され、搬送先の病院で死亡が確認された。

熊本県警と市によると、木は長さ約9メートル、直径約50センチで、現場付近の斜面に植わっていたとみられる。腐っていた可能性があり、倒れた原因を調べる。

通行人から「土砂崩れがあり、車内に人が閉じ込められている」と110番があったが、崩落は確認できなかった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]