2019年2月23日(土)

東北大、国連と災害統計センター

2015/2/25付
保存
共有
印刷
その他

東北大学は25日、国連と共同で世界各地の災害統計を収集・分析する「災害統計グローバルセンター(仮称)」を設立すると発表した。国連開発計画(UNDP)や国連の防災対策部門である国際防災戦略(ISDR)と連携し、災害による死者数や経済的損失などの情報を収集・分析する。

3月に仙台市で開催する国連防災世界会議にあわせ、発足イベントを開く。設立は4月1日の予定。センターのメンバーになる見込みの小野裕一東北大教授は「統計を集積して保存し、分析を加えて各国のニーズに応じて提供する」と意義を強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報