/

大麻所持疑い22人逮捕 移住先の限界集落で乱用か

自宅に大麻を隠し持っていたなどとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部や長野県警などは25日までに、大麻取締法違反の疑いで長野県内の限界集落や静岡県に住む27~64歳の男女計22人を逮捕した。

麻薬取締部によると、22人は長野県内外から同県の大町市や池田町の過疎の限界集落に移住。音楽イベントを開催するなどしながら大麻を栽培したり、乱用したりして「大麻コミュニティー」を形成していたとみられる。麻薬取締部は自宅などから乾燥大麻を合計で約8キロ、乾燥中の大麻草7本などを押収した。

逮捕されたのは池田町の林業、荒田裕容疑者(48)と妻の久子容疑者(36)、大町市の自営業、衣笠秀喜容疑者(48)と妻の朱美容疑者(45)ら。22人のうち衣笠容疑者夫妻ら11人は容疑を認め、荒田容疑者夫妻ら11人は否認か一部否認している。

逮捕容疑は23日や24日に、自宅で乾燥大麻などを所持するなどした疑い。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン