/

福島に「復興牧場」完成 避難酪農家が共同経営

東京電力福島第1原子力発電所事故で避難を強いられ休業中の酪農家を支援するため、昨年から福島市で建設が進められてきた「復興牧場」が完成し、記念式典が25日、同市で開かれた。東北では最大級の規模で、操業は10月からの予定。

牧場は福島県内の30~50代の酪農家5人が共同で経営。いずれも原発事故で避難生活を送る中、酪農再興を目指す福島県酪農業協同組合の呼び掛けに応じて参加した。

式典では記念碑が除幕された後、テープカットが行われた。運営会社の社長、田中一正さん(44)は「牧場が軌道に乗り、福島の酪農仲間に元気を出してもらえたら、これほどの喜びはない」と話した。

同組合によると、県内では約60戸の酪農家がいまだ避難休業を余儀なくされており、生乳生産量も震災前と比べ2割近く減少。酪農は深刻な担い手不足に直面している。

復興牧場では休業に追い込まれた酪農家を支援すると同時に、日本では珍しい共同経営方式を導入することで酪農の次世代モデル構築を目指す。

牧場では乳牛約580頭を飼育し、生乳生産量は年5千トンを計画。従業員数は20人規模で、牧草は周辺の耕作放棄地を活用して育てる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン