/

次男、起訴内容を認める 両親殺害で地裁初公判

横浜市磯子区で1月、自宅で両親の首を刃物で切り付けて死傷させたとして、殺人と殺人未遂の罪に問われた次男、津島智八被告(23)は25日、横浜地裁(根本渉裁判長)での裁判員裁判初公判で起訴内容を認めた。

検察側は冒頭陳述で「家庭内のトラブルにいら立ちを覚えていた」と指摘。事件当日、親族宅での新年会の後、帰宅途中に父親といざこざがあって不満が抑えられなくなったと明らかにした。弁護側は被告にパーソナリティー障害があり、飲酒の影響で行動を制御する力が減退していたと説明。「突発的な犯行で計画性はない」と述べた。

起訴状によると、1月2日、同居していた母の美雪さん(当時47)の首を包丁で刺して出血性ショックで翌日に死亡させ、父の英樹さん(53)も別のナイフで突き刺すなどして首の神経を切る重傷を負わせ、殺害しようとしたとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン