2019年8月20日(火)

「LEDの父」と共に中村氏ら受賞 ドレイパー賞

2015/2/25付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞を受賞した中村修二・米カリフォルニア大教授が24日、米ワシントンで開かれた全米工学アカデミーの「ドレイパー賞」の授賞式に出席し、「工学分野では世界で最も権威がある賞。省エネ技術など人類への貢献が認められて大変うれしい」と話した。

同じくノーベル賞の赤崎勇・名城大教授や、赤色LEDを開発し「LEDの父」と呼ばれるイリノイ大のニック・ホロニアック名誉教授ら計5人での共同受賞だが、赤崎氏とホロニアック氏は授賞式を欠席した。天野浩・名古屋大教授は選ばれなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。