2018年8月21日(火)

4光年先に地球に似た惑星 英チーム発見

2016/8/25 9:31
保存
共有
印刷
その他

 【ワシントン=共同】太陽系から最も近い約4光年離れた恒星の周りに、地球に似た温暖な環境を持つ可能性がある惑星を発見したと、英ロンドン大クイーンメアリー校などのチームが24日付英科学誌ネイチャー(電子版)に発表した。太陽系外の惑星としては、これまで見つかった中で最も近い。地球と同じような生命がいる可能性もあるという。

「プロキシマb」表面の想像図。太陽のように空で輝くのは恒星の「プロキシマ・ケンタウリ」=欧州南天天文台提供

 海外では、将来この恒星系に超小型の高速無人探査機を送る構想がある。

 惑星は、地球から4.2光年と最も近い恒星「プロキシマ・ケンタウリ」の周りを回っており、チームは「プロキシマb」と名付けた。岩石でできており、重さは地球の1.3倍ほど。

 プロキシマ・ケンタウリは太陽の7分の1程度の大きさで、発する熱や光も弱いが、惑星はこの星から約750万キロ(太陽―地球間の20分の1程度)という近い軌道を回っているため、温暖な環境とみられる。11日程度で1周するらしい。

 チームは欧州南天天文台の装置などを使い、プロキシマ・ケンタウリを観測。わずかに揺れていることを突き止めた。観測データを分析し、揺れているのは、周りを地球に似た岩石質の天体が回って引っ張っているためだと結論づけた。

 プロキシマ・ケンタウリは地球から最も近い恒星系であるケンタウルス座アルファ星をつくる3つの恒星の1つ。現時点の宇宙船技術では到達するのに約3万年かかるが、宇宙物理学者のホーキング博士らは、光速の5分の1の速さで飛行し、この恒星系に20年程度で到達できる超小型探査機を開発し、生命体を探す計画を4月に発表している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報