/

水俣病原因のメチル水銀、脳守る仕組み破壊

メチル水銀を摂取すると、小脳などの脳血管に特定のタンパク質が生じ、脳内への有害な物質侵入を防ぐ仕組みが壊れ、血中の物質が漏れ出しているのを新潟大脳研究所神経内科の下畑享良准教授らのチームがラットを使った研究で突き止めた。メチル水銀は水俣病の原因物質。24日付の米オンライン科学誌プロスワンに発表した。

水俣病では体の円滑な動きをつかさどる小脳や視覚に影響する大脳の後頭葉に障害が出て、ふらつきや視野狭窄(きょうさく)の症状が現れる原因が分かっておらず、病態解明につながる可能性がある。

タンパク質の働きを抑える抗体投与で運動機能の障害に改善があったといい、下畑准教授は「メチル水銀中毒の初期段階に有効な治療薬の開発が期待できる」としている。

チームが着目したのは「血管内皮増殖因子(VEGF)」と呼ばれるタンパク質。過剰に発生すると、有害物質から脳を守る「血液脳関門」を破壊する作用がある。実験でメチル水銀を投与され中毒症状を示したラットは、小脳と後頭葉でVEGFが増加。増え方が顕著だった小脳では血中の物質が血管外に漏れていたことを確認した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン