/

語彙力、対話でアップ 読書だけでなく「アウトプット重要」

読書量だけでなく、様々な人と対話をする機会が多い人ほど、より多くの言葉を知っている傾向にあることがベネッセコーポレーション(岡山市)などの調査で分かった。担当者は「自分の知識や考えを伝えるアウトプットの重要性が見えてきた」としている。

調査は7月、高校1年から60代までの社会人の約3千人にインターネットで実施。540語のうち、知っている言葉の割合を示した「語彙力」と、読書量や対話の頻度との関係を調べた。

1カ月の読書量でみると「まったく読まない」人の語彙力は平均58.0%。冊数が多くなると語彙力も上がり「10冊以上」では81.1%だった。

対話の機会があるほど語彙力の平均は高い傾向に。友だちとの対話が「よくある」高校生・大学生は67.3%、「まったくない」と63.6%。「よくある」社会人は74.4%、「まったくない」で63.9%だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン