理研の十倉氏、ノーベル賞候補者に 米調査会社予想

2014/9/25付
保存
共有
印刷
その他

米調査会社トムソン・ロイターは25日、論文の引用回数などから予想したノーベル賞候補者27人を発表した。日本人では物理学賞に理化学研究所創発物性科学研究センター長を兼務する十倉好紀東京大教授(60)を選んだ。同社の予想で十倉氏が候補者に選ばれたのは2002年以来で2回目。

今年のノーベル賞は生理学・医学賞が10月6日、物理学賞が同7日、化学賞が同8日に発表される。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]