2019年1月22日(火)

警戒区域の早期指定を 北海道・礼文町土砂災害で知事

2014/8/26付
保存
共有
印刷
その他

北海道は25日、2人が死亡した礼文町の土砂災害を受けて防災対策会議を開き、高橋はるみ知事は、道内の土砂災害警戒区域の指定が危険箇所のうちわずか12%と、全国で最も遅れている点に触れ、市町村と連携し早期指定に向けて取り組むよう指示した。

道によると、道内の危険箇所のうち、避難経路を示したハザードマップ作成などの整備が必要な土砂災害警戒区域に指定したのは、全国平均の68%を大幅に下回る12%にとどまり、危険箇所になっている礼文町の被災現場も未指定だった。道は市町村に避難勧告の発令基準の策定も促す。

一方、道警は25日、土砂崩れで道道が寸断され、24日から孤立状態が続いていた礼文町の「桃岩荘ユースホステル」の宿泊客ら約30人をヘリコプターで港の臨時ヘリポートに運んだ。道警によると、けが人や体調を崩した人はいないという。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報